現在進行中のプロジェクト 中継教育

      2016/05/06

1.オーストラリアと日本の二国間中継による環境教育

AJWCEF ではオーストラリア連邦政府及び豪日交流基金の後援により、オーストラリアと日本をインターネット回線を利用して同時中継で結び、環境教育に加え社会及び 語学教育を同時に行う新しい教育プログラムを開始いたしました。現在このプログラムは高校生以下の若い世代の皆様を対象に、オーストラリアと日本で一校づつモデル校を選び、日本の学校はオーストラリアの環境施設や野生動物保護施設と、オーストラリアの学校は日本の施設と中継で結び、前者は英語で、後者は日本語で中継授業を行っ ています(オーストラリアでは日本語を外国語として教える学校が多くあります)。中継では互いの国の自然や動物たち、また、環境や野生動物保護への取り組みを実際にご覧いただき、若い世代の皆様に環境保護に関する意識を持って頂くことを目的としています。
また同時中継により、日本の学生はオーストラリアの施設の職員に直接英語で質問ができ、オーストラリアの学生は日本の施設の職員に日本語で質問ができるという生きた実用外国語会話の練習にも役立っています。

オー ストラリアの東海岸にあるクイーンズランド州は日本との時差がわずか1時間のため、アメリカやイギリスなど時差の大きい国が相手では実現できなかったこと が可能になったのです。このプログラムにご興味のあります方、教育機関、企業などの皆様はご遠慮なくAJWCEF事務局 (info@ajwcef.org)までお問い合わせください。尚、以下の新聞報道もご参照ください。

中日新聞記事 2012年2月15日(PDF)

 - 活動