フクロモモンガは野生に適応する 2018/10/16

      2018/10/16

『Gilders Get Fit For Wild』(英文PDF)
Courier Mail 2018年2月20日

担当者:Togy94

≪要約≫

太ったグライダー(フクロモモンガ)は飛行ができない。

野生復帰させるための訓練所に登録されている10匹のシュガーグライダーに対する率直すぎるメッセージである。

低草原地帯へ返し孤児や負傷したシュガーグライダーの生存率を改善させるための復帰プログラムの一環として、Bulimba Creek Catchment group (B4C)のボランティアスタッフがグライダージムを設立した。

そのジムは、B4CのオペレーションズマネージャーであるStefan Hattinghと登録された野生動物をケアするPetrie homeにて、3月中旬に公開される最初のグループとともに最近設立された。

Mr Hattinghは、ジムはモモンガの子供に生存適応性を付けさせるために設置したと述べている。

「私は彼らをRed Bullの小さなポッサムと称する」と彼は言う。

「彼らはとても活発的でとても速い。彼らが動けるように、適した広い飼育室で飼育しなければならない。それはジャンプや飛行などの彼らの行動から学んだことである」

「活発かつ速く動かない限り、彼らはあらゆる捕食者にとって良い標的(かも)となってしまう」

7mの飼育場は巣箱、ロープ、滑車、穴の開いた丸太がある。

 

感想

このような保護活動や復帰プログラムのおかげで、野生下の孤児や負傷した動物が救われるようになり、少しでも個体数の維持につながっていると思います。

しかし、保護する動物の生態はそれぞれ違うため、飼育場では今回のモモンガのように普段の行動観察から、野生下に近付けるための巣箱やロープの設置の考慮が必要でした。試行錯誤の末、動物の保護および復帰にたどり着けているんだと思いました。

 

 - AJWCEFブログ