孤児になったオリバーは元気に跳びまわる 2018/12/11

      2018/12/11

『Orphaned Oliver caught on the hop』(英文PDF)

Courier Mail 2018年4月2日
文:TALISA ELEY

担当者:Togy94
≪要約≫

9カ月の孤児、オリバーは、去年ハーヴィー湾の近くで車にひかれた後に、もう1回跳べるようにするための回復への第一歩を出発した。

オオカンガルー(ハイイロカンガルー)は9月に孤児となったとき、ちょうど8週目でわずか300gであった。

WilvosのケアラーであるJo Watersは彼を健康に戻すため、彼女が何匹か若い幼児の世話をしているGympieの近くにある彼女の家で看護している。

事故で負傷した足はオリバーを少しためらわせた、しかしMrs Watersは彼はまだ活発的であり、邪魔にはなっていなかったと言っていた。

“私は、彼が足を負傷していたため通常よりも少し長く世話をした”と彼は言った。

“彼は他より少し遅いが彼はそれでもうまくやっている”

“彼は長いこと私から世話されており、彼は彼の流れに任せる。彼はとても落ち着いている。

もうすぐオリバーは大きいカンガルーのための他のリハビリ施設へ移る予定だ。

最終的には、彼の準備が整った時にChildersまたはMurgon周辺の野生に復帰させる。

Mrs Watersにとって動物の子供の世話をするのは日常のことで、今週末にやって来た2匹を含めた計5匹が現在彼女の下でケアを受けている。

進んで若い動物を救助し世話をしてくれる人を探すのは挑戦である、そしてMrs Watersは彼らが最初に到着したとき幼児をしっかり管理するため4つの保育器を使用する。

”多くの人々は私のようにはしない、他の誰もそうしたくない、しかし私は小さな子が好き、彼らは目がまだ閉じており耳は後ろにある“と彼女は言う。

彼らの成長を見ることは素晴らしいことである。

クイーンズランド州の地方から異なるカンガルーの種類とワラビーがMrs Waterの家に運ばれる。

彼らは心配した観光客によってよく運ばれることがよくある。

 

~感想~

カンガルーやワラビーの子供が母親を失い孤児になるケースが増えていることはとても悲しいことですが、孤児の世話をしてくれて、野生復帰させてくれるケアラーさんのおかげで、救われる動物もいることが伝わりました。オリバーもまた、助けが必要なカンガルーの一匹であり、孤児を大切に思うケアラーさんのおかげで長いリハビリ生活の末、野生へと帰ることが出来ます。それでも新しく運ばれる子供はいますが、オリバーのように野生に戻れるといいです。

 - AJWCEFブログ