孵化したての子ガメたちにとっての大変な誕生のプロセス 2017/7/14

      2017/07/14

『ITS ONE SHELL OF A RIDE FOR HATCHLINGS』Courier Mail 2017年1月23日(英文PDF)
担当者:Saho

《要約》

自然界の最も感嘆すべき神秘が、クイーンズランド州中部において観光旅行ブームを生み出した。
バンダバーグ近くのモン・レポスに巣を作る亀の毎年の行列は、数週間前から完全に予約でいっぱいのナイトツアーで大盛況だ。
予約をしていない多数の人々が毎日追い払われる中、モン・レポスの公園レンジャーは、毎夜300人のツアー客を率いる。
自然界のすごい話のうちの一つは、数十年前にモン・レポスで孵化した亀が、大人になって夏に多数の卵を産むために自分が孵化した海岸の全く同じ場所に戻って来ることだ。
これまでのところ、350頭以上の亀がモン・レポスに卵を産んでおり、過去一週間に孵化した約100匹の子供が海に向かって危険な旅に出始める。
多くが発育期に広く遠いところまで旅をし、無事に生き残ったものは皆、大人になってから卵を産みにビーチへ帰ってくる。

記事についての感想
子亀が必死になって海へ渡るシーンはテレビでしか見たことがありません。
オーストラリアのナイトツアーに参加し、ぜひ生で見てみたいと思いました。
子亀すべてが生きられるわけではなく、海での旅は壮絶なものであり、命がけなのだなあと思います。
このナイトツアーに参加することで、命の大切さや重みを学べるのではないかと思います。

 - AJWCEFブログ