2017年8月 体験談 (海洋初級)

      2018/01/15

金井美玖

BOAT私は、今回初めて海洋生物保護トレーニングコースに参加し、たくさんのことを体験できました。その中で印象に残っているものは本格的なフィールドワークができたことです。干潟における海に近いところと陸に近いところで見られる生物や環境の違いを自分の目で見たり、野生のクジラ、イルカ、ウミガメやジュゴンの生態を生で見ることで、自分自身の新しい課題を見つけることができました。また、滞在したクイーンズランド大学の研究所や現地講師のパブロなど海外らしい、日本では経験できない貴重な時間を過ごせたと思います。次回また機会があれば、アカデミックの英単語や基本的な海洋生物の知識を事前に身に着け、さらに充実した講習にしたいと思います。とても良い夏の思い出になりました!ありがとうございました。

福井淳那 (日本獣医生命科学大学 3年 動物化学科)

普段日本で受けている授業は座って聞いているだけでなんの面白味もないものだったが、今回の海洋生物保護トレーニングコースでは、アクティビティーとレクチャーが並行しており、アクティビティーで実際にやったことをレクチャーでより深く学べたので、より興味を持って聞くことができてとても新鮮だった。しかし、テキストはもらったものの英語が苦手で読むことすら、すらすらできなかったので予習復習ができなかったのが悔しかった。今回ほど時間がもっとほしいと思ったことはなかった。Individual project(個別調査) は初めは嫌な気持ちしかなかったけど、いざやってみるとすごい達成感があったし、みんなの前で、しかも英語で発表する機会はなかなかないので、いい機会になった。英語をまだまだたくさん勉強しないといけないなと思ったトレーニングコースだった。たった8日間だったけど、メンバーも面白い人たちばかりで飽きることがなく楽しく過ごすことができた。

片桐奈瑛子

今回参加した海洋トレーニングコースで、私は普段体験できないことをたくさんすることができ、視野が広がったと思います。私にとって海は身近なものでは無いため、今回実際たくさんの海の環境を見て生物に触れ多くのことを学ぶことができました。話を聞いて分からないことやもっと興味を持ったことをAJWCEFスタッフの水野さんや石黒さんが分かりやすく教えてくださったのもありがたかったです。特に海洋のゴミについての話は印象に残っていて、今の海洋の環境やゴミによる生物への影響を少しでも改善できるような社会にするためにどうすれば良いのか、もっと知りたいし考えていきたいと思いました。本当に充実した一週間を過ごすことができました。貴重な体験を本当にありがとうございました。

 - 体験談