スタッフメッセージ

allan顧問 Allan McKinnon BVSc, MSc
クイーンズランド州立モギルコアラ病院院長
同州環境・資源管理省
野生動物保護部門チームリーダー
Sometimes we think we are separate from nature - but this is not so. Sometimes we think that people in other countries are very different from us - we have a lot in common. Conservation of wildlife is in everyone’s interest. Given the human impact on the natural environment (the home of most wildlife), it is time to restore the balance. Even in cities, wildlife and humans can live alongside one another - this is very apparent in Australia. Australian wildlife is unique and subject to a number of threats. It is rewarding to be able to assist them.

 

 

photo_adachi理事 安達 健 LLB, MBA
オーストラリア クイーンズランド州政府 駐日代表
オーストラリアの北東に位置する、クイーンズランド州は、旅行や留学、出張などをとおして、日本人には大変馴染みのあるところです。またコアラをはじめ、たくさんの野生動物がいることは、皆さん御存知です。しかし、そのかわいらしい野生動物たちが、人的要因を理由に実は絶滅の危機に瀕していると聞き、大変 ショックを受けました。自然保護というとどうも一部の専門家や学者だけの手に任されるような気がしますが、今回、このような財団ができ、日本から草の根レベルで、もっと直に貢献できる機会ができましたことを大変うれしく思っております。日本の特に若者が、Conservationという重要な人類のテーマ を通して、少しでも日本とクイーンズランド州の友好交流に貢献できればすばらしいことではないかと思います。

 

 

Amasaki-m理事 尼﨑 肇 DVM. PhD
獣医学博士(日本獣医生命科学大学)
同大学獣医解剖学教室主任教授
私が教鞭をとっている大学は獣医学、動物保健看護学、動物科学、食品科学を学ぶための大学です。約4年前からオーストラリアのクイーンズランド大学と国際交流事業の一貫としてオーストラリアの野生動物を学ぶための夏期課外授業を開講しています。このツアーに参加したほとんどの学生からオーストラリアを訪れ、コアラなどの野生動物を実際に自分の目で見て、肌で感じて本当に良かったとたくさんの反響が寄せられています。日本の外の世界に触れ、野生動物への考え方などの違いにみんなビックリしています。また、観光旅行とは違った本当のオーストラリアの自然や野生動物保護について学ぶことは、本来の野生動物保護活動のあり方や国際感覚を理解できるだけでなく、日本や世界の動物保護の大切さを改めて知る良い機会です。加えて、野生動物保護に関する深い専門的な知識を得 るための素晴らしい機会でもあると思います。是非、一度オーストラリアへ行き自分で体験されることをお勧めします。そのためのお手伝いをいたしますので、どんなことでもお尋ね下さい。

 

 

i-con-julia専務理事 水野 Julia BA (Hons), MAJIT
日英通訳翻訳修士
クイーンズランド大学大学院講師
In the rush of our busy daily lives it is all too easy to lose sight of the fact that we share this planet not only with our fellow human beings but also with a myriad of fascinating creatures - creatures without which the environment on which we rely would not function properly. Due to a variety of factors, including the loss of habitat and the emergence of new diseases, some stress-induced, there are some species of animals that are in danger of becoming extinct and need our help to ensure their survival. AJWCEF’s aim is to support a variety of wildlife conservation activities and research while, hopefully, the human species of animal finds ways in which to live that do not threaten the other animals that co-habit the earth. With the close ties that exist between our countries at a number of levels, we hope that our friends in Japan will lend us their support in attempting to restore and maintain healthy populations of Australia’s unique, but endangered, animals. Ultimately, however, it is my hope that one day in the future we will achieve a state of comfortable co-existence between humans and other animals and that organizations such as the AJWCEF become completely unnecessary.

 

 

toshimi-smallスタッフ 平野 聡美
広報・企画室長
こんにちは!人間しかいないかのような人工物にあふれた街・大阪に生まれ育ち、ここオーストラリアに来て、動物園では見られない誇りにあふれた立派な野生のコアラたちが、果てしない大空の下で自由を満喫している姿を目の当たりにしました。私たち人間が他の動物とオーバーラップした生息地に生きている事、そして排除する事なく共存していくべきである事を強く感じました。トレーニングコースやスタディツアーの際には、各実習施設に同行し英語でのコミュニケーションのお手伝いをさせていただいています。参加者の皆様とアイデアを交換して、これからも地球が賑やかでバランスのとれた健やかな場所になっていけるよう皆さんと力を合わせていきたいと思います。不可能に見えることもあるかもしれません。でも顔を目標に向け、情熱を絶やさず抱き続ければ、きっと同志にも恵まれ、少しずつ、しかし着実に前に進んでいけると信じています。

 

 

561065_413532398692321_1480825184_nスタッフ 石黒 碧海
トレーニングコース・スタディツアー コーディネーター
初めまして、こんにちは。皆さんがオーストラリアに来られた際に、お手伝いをさせて頂くことになりました、石黒碧海(あおみ)です。
小さいころから自然や動物が身近だったからか、物心が付いたころから動物が大好きでした。その頃は学校よりも、家よりも、自然の中にいるのが一番居心地がよかったのを今でも覚えています。 高校を卒業した後、オーストラリアのジェームズクック大学の動物学を専攻し, 海洋生物から陸上生物、生態学やコンサベーションも勉強しました。そして2016年3月に無事大学を卒業しました。幸運な事に今は、野生動物と触れ合い、野生動物の事を考え、語り、そして人から人へ野生動物の現状を伝えられる場所、AJWCEFに出会い、そして今はその一員になれた事を幸せに思います。
まだまだ未熟で拙い私ですが、皆さんどうぞよろしくお願いします。
皆さんに会える日を楽しみに、一人でも多くの人が野生動物に気の使える人になる事、そして一匹でも多くの野生動物がありのままでいてくれる事を願っています。