二次募集終了しました。 2017年8月海洋生物保護トレーニングコース(初級)

      2017/06/05

 2017年 第三回  オーストラリア海洋生物保護トレーニングコース (初級)
二次募集も終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
定員に達していますので、今後はキャンセル待ちになります。

★★キャンセルに伴い二次募集を行います★★
残りお一人様の受付となります!ご応募はお早めに~!

2017年5月31日(水)まで (ただし定員に達した時点で締め切らせていただきます。)

●●一部内容変更のお知らせ●●

研修内容が更にパワーアップしました!!

カヤックを使用したモートン湾の海洋生態系の観察を予定しておりましたが、海でのカヤック使用の安全性に関してモートンベイ海洋研究センターと相談した結果、更に興味深いモートンベイ海洋研究センターの船を利用した視察研修に変更となりました。

ノースストラッドブローク島北部は世界有数のジュゴンの生息地として知られています。
ジュゴンは絶滅危急種に指定されており、オーストラリアでも個体数の減少が懸念されています。
船でのジュゴンの生息地調査活動をすると共に、島周辺に生息するイルカや海がめなどの海洋生物の観察を行います。
※悪天候などのやむを得ない理由により安全が確保できないと判断された場合には中止になる可能性があります。

主催 オーストラリア日本野生動物保護教育財団(AJWCEF)

コース開催期間
2017年8月13日(日) − 2017年8月20日(日) 8日間

募集人数
12名 (最低催行人数:8人)
※15歳以上の高校生の参加も可。高校生の方は保護者の方のご承認が必要となります。

二次募集期間
2017年4月24日(月)~2017年5月31日(水)

コース概要
オーストラリアで最も権威のある大学のひとつであるクイーンズランド大学の協力のもと、大学のモートンベイ海洋研究センターを 基点に海洋環境及び生物の保護の基礎について学びます。このセンターはオーストラリアの東海岸にあるモートン湾に位置する世界最大級の砂の島、ノースストラッドブローク島にあります。この海域はジュゴン、海がめ、エイ、イルカ、クジラ(7-11月)、多様な魚類、海草などに恵まれ、亜熱帯の海洋調査の拠 点になっています。コース中は世界各国から来ている研究者や学生と共に海洋センター内の宿泊施設に宿泊し、クイーンズランド大学の指導員の指導を受けます。また、自由時間には世界の人たちと積極的に交流していただくことができます。

募集は応募者数が定員になり次第締め切らせていただきます。 募集受付は基本的に先着順とさせていただきますが、AJWCEF会員の方は優先扱いとなります。尚、トレーニングコースの参加申し込みと同時に会員の申し込みも行なえます。その場合も会員優先の対象となります。会員の同時申し込みご希望の方はツアー申請用紙にその旨ご記入ください。年会費はツアー費用と同時にご請求させて頂きます。
入会案内http://www.ajwcef.org のホームページをご覧ください。)
また、 トレーニングコースお申し込みの際には、同時に『トレーニングコース概要』を必ずお読みください。

集合及び解散
基本的に現地集合、現地解散となります。
8月13日(日)午前8時にオーストラリア ゴールドコースト空港到着ロビーに集合(AJWCEFのサインを持って担当者がお待ちしております)。空港と宿泊施設の間は送迎いたします。8月20日(日)のご帰国の際も午前7時30分までにゴールドコースト空港までお送りいたします。

※コースは現地集合、現地解散となっておりますので、コースの開催期間の前後に 延長滞在などをお入れいただくことは参加者各自のご自由です。
※航空券の購入や旅行保険への加入などのお手伝いはAJWCEF本部事務局までお尋ね下さい。

募集対象
海洋環境や生物などの知識や経験のあまりない方で、これから海洋保護について学びたい方(例:一般の方、大学低学年の方)。15歳以上の高校生のご参加も可能です。またご参加にあたり英語力は問いません。尚、経験のある方でも参加のご希望があれば受け付けますのでAJWCEF本部事務局までお問い合わせください。

実習施設
1. University of Queensland Moreton Bay research Station
クイーンズランド大学 モートンベイ海洋研究センター
(http://www.uq.edu.au/moreton-bay-research-station/)

但し、実習施設はやむを得ない事情により変更になることがあります。

講義内容
1.Turtles of Moreton Bay
モートン湾の海がめ
2. Manta Ray
オニイトマキエイ
3. Whales, dolphins and dugongs covering local history and research
クジラ、イルカ、ジュゴンの地域的な歴史と研究
4. Poisonous and venomous animals
有毒動物
5. Management of Marine parks
海洋公園の管理

※講義内容はやむを得ない事情により変更になることがあります。

実習
1.Seine netting - catch fish
地引網による魚の捕獲
2.Individual project – planning
個別調査
3.Mangroves
マングローブ
4. Low energy rocky shore
低エネルギー岩礁域
5. Impact of marine rubbish
海洋ゴミの影響、ゴミの堆積の帯状断面による調査
6. Gorge walk - marine mammal activity (manta rays, turtles, whales etc,)
ポイントルックアウト絶壁からの海洋生物観察―オニイトマキエイ、ウミガメなど
7. High energy rocky shore
高エネルギー岩礁域
8. Sandy mudflat
砂の干潟
9. Dugong habitat survey activities and observation of marine ecosystem around Moreton Bay from MBRS' ships (including dolphin and turtle spotting)
MBRSの船からのモートン湾周辺のジュゴン生息地調査活動および海洋生態系の観察(イルカ、カメなど)
10. Plankton identification
プランクトンの同定
11. Seagrass eco-system
海草の生態系
12. Data analysis of individual project
個別調査のためのデータ分析
※実習内容はやむを得ない事情により変更になることがあります。

コース日程(予定)
トレーニングコースの日程は以下のファイルでご覧になれます。
2017 3rd Training Course IntroductoryTimetable.pdf
(クリックで開きます。)

航空券の予約
このコースはゴールドコースト空港での現地集合になりますので、航空券のご予約は参加者個人で行っていただくことになります。

自らインターネットでご予約の場合、最も便利で安価なのは成田空港からゴールドコースト空港へ直行のジェットスター航空のフライト、または関西空港からですと成田などの経由便を個人でインターネット予約することです。ただし夜行便になりますので8月13日の集合時間に間に合うためには少なくとも8月12日夜発の便のご予約が必要です。
ジェットスター航空のホームページ(http://www.jetstar.com/jp/ja/home)で、フライト予約の指示に沿って情報を入力すれば簡単に5-10分でご予約できます。この場合パスポート番号などは必要ありませんが、支払いがクレジットカードからになりますので、カードをご用意の上ご予約ください。さらにご不明な点がありましたらAJWCEF本部事務局までメール(training@ajwcef.org)でお尋ね下さい。

また、特にご希望があれば航空券の予約や旅行保険への加入などの信頼できる旅行代理店をご紹介するお手伝いも可能です(AJWCEFは非営利環境団体のため旅行代理業は行っておりません)。AJWCEFではオーストラリア国内の旅行代理店をご紹介しております。この代理店は日本人スタッフが多数勤務しており、現地で日本語による対応も心配ありません。詳しくはAJWCEF事務局までお問い合わせください。ただし、旅行代理店を通しますと、上記のように個人で直接ご予約される場合より割高になりますことをご了承ください。

宿泊および食事
宿泊は男女の構成により2人(ツインルーム)から4人(クアドルーム)までとなります。食事はDay1のウェルカムミール、ノースストラッドブローク島での全てのお食事、Day6のお別れディナーが費用に含まれます。それ以外のお食事は自己負担となります。(旅行行程表参照)

宿泊施設の詳細は以下のサイトでご覧になれます。
Moreton Bay Research Station: (http://www.uq.edu.au/moreton-bay-research-station/accommodation)

Watermark Hotel Gold Coast:
(http://www.watermarkhotelgoldcoast.com.au)

※宿泊施設はやむを得ない事情により同等の施設に変更になることがあります。

健康および予防接種
健康上の問題、アレルギーの有無などは、必ずコース参加申請書に記載し申し出てください。また、過去10年以内に破傷風の予防接種を受けていない方は、コース開始2週間前までに接種を完了してください。

保険
参加者各自が渡航前に適切な旅行保険(病気、疾病、傷害、盗難などを含む)に必ず加入してください。自由時間内の事故、又は参加者本人の過失による損害に対してAJWCEFは一切責任を負いません。コース開始時に保険証書のコピー一通をご提出いただきますのでご用意下さい。

参加費用
ト レーニングコース一般参加費用は277,500円となります。ただし、AJWCEF会員の皆様には5,000円の割引があり272,500円になります。トレーニングコース申し込みと同時に会員のお申し込みをいただくと、会員優先参加および参加費用会員割引の対象とさせていただきます。

上記の合計費用は講義費、実習費、教材費、通訳費用、施設使用料、宿泊費、一部を除く食費、空港送迎費、オーストラリア国内での移動費(自由時間を除く)、歓送迎会費用を含みます。但し、航空運賃、旅行保険、食材費、自由行動に要する費用は含まれません。

※尚、参加費用の一部はオーストラリア野生動物保護活動への寄附に充てさせていただきます。

参加申請
参加ご希望の方は、下記に添付の申請用紙に必要事項をご記入の上、下記の宛先まで電子メール、ファックス又は郵送のいずれかの方法でお送り下さい。募集は2017年4月15日(土)までとなっておりますが、募集受付は先着順となり、 応募者数が定員になり次第締め切らせていただきます。参加を許可いたしました方には、お知らせいただきました連絡先まで電子メールにて参加費用の詳細(請求書)とお支払い方法を送付させていただきます。また、電子メールをお使いでない場合にはファックスまたは郵送にてお知らせいたします。 参加費用は、請求書がお手許に届きましてから7営業日以内に下記の振込先 へお振込みください。

※但し、国際ファックスは回線が繋がりにくい場合があり、郵送は配達に1週間以上かかりますので、電子メールのご使用をお勧めいたします。

トレーニングコース申請用紙・・以下のいずれかをダウンロードしてお使いください。
トレーニングコース申請書.pdf クリックで開きます。
トレーニングコース申請書.doc クリックで開きます。

申請書宛先およびお問合せ先(申請書はメールに添付、または本文としてお送りいただけます。)
オーストラリア日本野生動物保護教育財団 本部事務局
電子メール: training@ajwcef.org
※添付ファイルが送受信できるメールアカウントをご利用ください。
※コースについてご不明な点があります場合は、上記のメールアドレスへお気軽にお尋ねください。
(日本語でお気軽にお尋ねください)
※申請書をメールに添付して送信できない方は郵送していただけますが、数週間のお時間がかかります。その場合も、到着日での先着順となりますのでご了承ください。

郵送の場合
Head Office, Australia-Japan Wildlife Conservation and Education Foundation
PO Box 1362, Kenmore, Queensland, 4069 Australia
その他の連絡方法
電話番号: +61 7 3195-4749 (国際電話)
ファックス番号: +61 7 3374-3531 (ファックスは国際電話事情によりつながり難い事があります)

振込み先
口座名義 オーストラリア日本野生動物保護教育財団
銀行 三菱東京UFJ銀行
支店名 名古屋駅前支店 (店番 221)
口座 普通貯金
口座番号 0052904

参加申し込みの取り消し
参加申請をされましてからの申請お取り消しには規定により以下の取り消し料金がかかります。
コース開始日の前日より起算して、
30日前以降7日前まで 参加費用の30%
6日前から1日前まで 参加費用の60%
コース開始日の前日以降 参加費用の100%

 - トレーニングコース