2020年、上級トレーニングコースが新しく生まれ変わります!

   

「陸上/海洋野生動物両方の保護を中心に学びたい」「救護や治療、リハビリなど野生動物の臨床を中心に学びたい」という皆様のご要望に応え、この度AJWCEF主催上級トレーニングコースを2020年より一新することになりました。

新しいトレーニングコースでは、野生動物及び海洋生物保護に特化した応用トレーニングコースと野生動物臨床トレーニングに特化したコースに分かれ、より専門的な知識や技術を学んでいただけます。

各コースの概要は下記の通りです。

【応用野生動物保護トレーニングコース(陸上・海洋生物含む)】

応用野生動物保護トレーニングコースでは初級トレーニングコース修了者またはそれと同等の知識のある方を対象に、今までAJWCEFで行ってまいりました上級トレーニングコースの環境保護と海洋生物保護トレーニングコースの海洋環境保護の部分を合わせ、オーストラリアの野生動物を取り巻く海洋/陸上環境の二方面からアプローチし、幅広く実践的に知識や技術を習得して頂けるようになりました。
海洋については、オーストラリアで最も権威のある大学のひとつであるクイーンズランド大学の協力のもと、ブリスベン沖モートン湾に位置する世界最大級の砂の島・ノースストラッドブローク島にある大学施設、モートンベイ海洋研究センターを基点に海洋環境及び生物の保護について学びます。陸上については、カランビン野生動物サンクチュアリにて、オーストラリア固有の野生動物たちの特性や保護の実態を学び、野生動物救護リハビリ教育協会では、野生動物保護の草の根活動を行っているケアラー宅にて親を交通事故などで亡くした野生動物の孤児に対する授乳などの飼育管理技術を実習します。 また、デービッドフレイ野生動物公園では主に動物園動物の健康管理としてエンリッチメントや予防医学の重要性について学びます。カランビン川のカヤックによる野生動物調査では、自然環境における野生動物の生態観察を基に、都市に生息する野生動物と人との共存についても検討し、野生動物保護や救護における倫理並びに動物福祉などについても実例を通じて学びます。
(※海洋生物保護トレーニングコースはこちらのトレーニングコースに組み込まれました。)

主な実習及び見学施設
1. University of Queensland Moreton Bay Research Station
クイーンズランド大学 モートンベイ海洋研究センター
2. Currumbin Wildlife Sanctuary(National Trust)
カランビン野生動物サンクチュアリ
3. David Fleay Wildlife Park (Queensland Government)
デイビッドフレイ野生動物公園
4. Wildlife Rescue Rehabilitation & Education Association
野生動物救護リハビリ教育協会
5. Kayaking at Currumbin River
カランビン川でのカヤックによる自然環境調査

※実習施設はやむを得ない事情により変更になることがあります。

講義内容例
1. コアラの飼育管理と一般的な治療
2. 園内動物の飼育管理とエンリッチメント
3. ハリモグラのレスキューと飼育管理
4. オーストラリアのコウモリとそれにかかわる社会問題について
5. モートン湾のウミガメと海洋ゴミ
6. イルカとクジラ、ジュゴンの生物学
7. マングローブと海洋公園の管理
8. 魚の食性による順応性の同定

※講義内容はやむを得ない事情により変更になることがあります。
※講義中は必要に応じ日本語に通訳いたします。

実習内容例
1. コアラの発情診断
2. 有袋類などの単純解剖
3. カヤックに乗ってカランビン川流域の野生動物及び生態系観察調査
4. 親を亡くした野生動物の孤児の授乳や飼育管理
5. 地引網による魚の捕獲
6. マングローブ調査
7. 海洋ゴミの影響、ゴミの堆積の帯状断面による調査
8. ポイントルックアウト絶壁からの海洋生物観察―オニイトマキエイ、ウミガメなど
9. 船からのモートン湾周辺のジュゴン生息地調査活動および海洋生態系の観察(イルカ、カメなど)
10. プランクトンの同定

※実習内容はやむを得ない事情により変更になることがあります。
※実習中は必要に応じ日本語に通訳いたします。

コース開催期間
2020年3月予定

募集期間
2019年10~11月頃

募集対象
AJWCEF初級トレーニングコース修了者、又は野生動物に関して初級トレーニングコース修了者と同等もしくはそれ以上の知識を有し、より広く野生動物保護について学びたい方。

 

【野生動物臨床トレーニングコース】

野生動物臨床トレーニングコースでは、世界で三本の指に入る野生動物専門病院において、オーストラリア獣医師会から認定を受けた野生動物専門医や野生動物専門看護師の指導の下、ユニークなオーストラリアの野生動物(有袋類、単孔類、鳥類、爬虫類、両生類など)についての臨床(救護・リハビリテーション・患畜管理など)を専門的に学びます。 また、死亡又は安楽処置を施された動物を活用し、有袋類(コアラなど)など日本では経験のできないオーストラリアの動物の独特な解剖を学び、さらに病理解剖も行います。 野生動物救護リハビリ教育協会では、親を交通事故などで亡くした野生動物の孤児に対する授乳などの飼育管理技術を実習します。 また、デービッドフレイ野生動物公園では主に動物園動物の健康管理としてエンリッチメントや予防医学の重要性について学びます。カランビン川のカヤックによる野生動物調査では、自然環境における野生動物の生態観察を基に、都市に生息する野生動物と人との共存についても検討し、野生動物の疾病、人獣共通感染症における疫学的知識やバイオセキュリティーの方法、野生動物保護や救護における倫理並びに動物福祉などについても実例を通じて学びます。さらに、オーストラリアの名門クイーンズランド大学の獣医学部教育病院を見学し、オーストラリアのおける獣医、獣医看護教育の実際にも触れ、現地の環境保護に携わる獣医師やレンジャーとの交流の場も設けます。

主な実習及び見学施設
1. Currumbin Wildlife Sanctuary Wildlife Hospital(National Trust)
カランビン野生動物サンクチュアリ及び野生動物専門病院
2. David Fleay Wildlife Park (Queensland Government)
デイビッドフレイ野生動物公園
3. Wildlife Rescue Rehabilitation & Education Association
野生動物救護リハビリ教育協会
4. University of Queensland Veterinary teaching Hospital
クイーンズランド大学獣医学部教育病院
5. Kayaking at Currumbin River
カランビン川でのカヤックによる自然環境調査

※実習施設はやむを得ない事情により変更になることがあります。

講義内容例
1. 特殊な野生動物の飼育管理と麻酔:鳥類、は虫類、有袋類
2. コアラの飼育管理と一般的な治療
3. 鳥類の飼育管理と治療の選択肢
4. ハリモグラの生理、繁殖、一般的な疾病と治療管理
5. オーストラリアのコウモリと人獣共通感染症について

※講義内容はやむを得ない事情により変更になることがあります。
※講義中は必要に応じ日本語に通訳いたします。

実習内容例
1. 有袋類の飼育管理と治療
2. 単孔類の飼育管理と治療
3. 鳥類の飼育管理と治療(羽のインプラントなど)
4. 爬虫類(カメを含む)の飼育管理と治療(カメの甲羅の骨折治療法など)
5. 内視鏡検査及びバイオプシー実習
6. 有袋類などの単純及び病理解剖
7. 飼育動物の予防医学
8. 上記動物種における麻酔(麻酔銃の取り扱いなども含む)
9. 薬物投薬量換算法
10.上記動物種のリハビリテーション
11.コアラの発情診断
12.上記動物種における栄養学と栄養管理
13.ケーススタディとディスカッション
14.カヤックに乗ってカランビン川流域の野生動物及び生態系観察調査

※実習内容はやむを得ない事情により変更になることがあります。
※実習中は必要に応じ日本語に通訳いたします。
※実習は現場で、実際の野生動物を対象に広く飼育管理、保護、救護、診療、リハビリテーションなどを学びます。
※実習には状況に応じ生体及び/又は保存死体が使用されます。

コース開催期間
2020年8月予定

募集期間
2020年4~5月頃

募集対象
AJWCEF初級トレーニングコース修了者、又は野生動物に関して初級トレーニングコース修了者と同等もしくはそれ以上の知識を有し、より専門的に野生動物の臨床、救護、リハビリなどを学びたい方。

 

 - トレーニングコース