AJWCEF SDG`s オンライン教育講座 2021

昨今のコロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、国境が閉鎖されるなど様々な規制のため、AJWCEFが主催をしてきたトレーニングコース、講演、セミナーの開催ができない状況が続いております。多くの教育機関関係者・企業の皆様より、毎年開催していた海外研修の代わりとして何か出来ることはないかとご相談を受けたのを機に、弊財団では、オンラインによるオーストラリアの環境や野生動物保護に関連したSDG`s教育プログラムを開設し、国境が閉鎖されている現在でも日本の皆様に各種教育プログラムをご提供できることとなりました。各プログラムを自由に組み合わせて各団体様オリジナルのスタディプログラム(半日・1日から)をカスタマイズしていただくことが可能です。また、週に一度の選択授業の一環として年間を通した継続講座、もしくは1回のみでもご利用いただくことが可能です。

AJWCEFセミナーはオーストラリアの自然環境や海洋・陸上生態系保護に関連したSDG`s (Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)を含む内容でお届けしています。

AJWCEF理事長 水野哲男によるセミナー(オンライン講義約45分と質疑応答約15分)

共生への道標~海洋プラスチック問題などの身近な事例から考える~

現在、世界では海洋のごみ、新興感染症の勃発、環境破壊と野生動物の生息の危機など、様々な環境問題が起こっている。この多くには人間の活動が起因していると考えられており、我々人間のライフスタイルの見直しが急務である。このセミナーでは限られた地球環境における「自然と人の共生」という重要なテーマについて、最近の様々な環境問題と、国や地域での自然や野生動物保護に対する考え方や対応の違いを知ることにより、我々がこの地球において自然と共生するためにはどのようなライフスタイルの変化が必要かを考察する。

海洋のごみと海洋生物 Marine Rubbish and Marine Life~ オーストラリア モートン湾の例を中心に ~

海洋のごみ、特にプラスチック廃棄物は世界の海洋環境に多大な影響を与えている。このセミナーではオーストラリアのモートン湾のごみ汚染に焦点を当て、その海洋生物への影響、そして食物連鎖による人への影響などについて考察する。

 

オーストラリアの野生動物保護と国際関係~日本とオーストラリアの関係を例に~

人が自らの利便性や欲望を満たすため行っている活動が、どれほど自然環境や野生動物たちに影響を与えているか正確かつ公正な情報を提供し、また、各々の国や社会のそれらの影響に対する考え方や取り組みの違いにより、国際関係などにどのような弊害が起きる可能性があるか、日本とオーストラリアの関係を例に考察する。

オーストラリアにおける人獣共通ウイルス感染症とオオコウモリ

1900年代中盤以降、エボラ出血熱、エイズ、コロナウイルス感染症など多くの新興感染症が確認され、そのうちの約70%が動物由来と考えられている。オオコウモリはいくつかのこれらの病気の自然宿主、すなわち運び屋として注目されている。オーストラリアに棲息するオオコウモリと、それにより媒介される新興感染症について学び、近年、なぜ新興感染症が発生しやすくなってきているかを考察する。

コアラとその危機

コアラはオーストラリアの象徴の一つとして世界中で知られている。そのコアラが、クィーンズランド州、ニューサウスウエールズ州、首都特別区で絶滅危急種に指定された。このコアラの生活の現状を伝えるとともに、その背景にどのような原因が隠されているか、また、人と自然が共存するためにはどのような配慮が必要かを考察する。

単孔類の特徴と繁殖~カモノハシとハリモグラ~

オーストラリアに棲息するユニークな動物の代表、カモノハシ。人と同じ哺乳綱に属しながら、卵を産み、母乳で子供を育てる単孔目の動物である。このカモノハシや同じ単孔目に属するハリモグラについて、その独特な解剖、生態、繁殖について基礎から学ぶ。

 

AJWCEFスタッフによるセミナー(オンライン講義約45分と質疑応答約15分)

野生馬とオーストラリアンエコシステム

オーストラリアの生態系に悪影響を与え、野生動物の数が減少、また絶滅危機にまで追い込んでいる主な理由に人為的要因がある。その中のひとつに人間が持ち込んだ外来種やペットが野生化もしくは害獣化し、元々バランスの取れていた各地域の生態系を壊し生存を脅かしている問題がある。このセミナーでは人間がオーストラリアに家畜として持ち込んだ馬の野生化にスポットをあて、オーストラリアンエコシステム内での野生馬の立場を賛成・反対の視点から考察する。

オーストラリアの固有動物~有袋類はなぜ多い?~

なぜこの国の固有種数は世界でも群を抜いて最多なのか、また固有哺乳類にスポットをあて、なぜ有袋類の種類・数が多いのかも合わせて検証する。さらに人為的要因で絶滅危機に追い込まれている有袋類の基本生態・現状を説明すると共に人と自然の共存の重要性について解説する。

野生動物との共存 ~フレーザー島のディンゴ~

世界遺産にも指定されている世界で一番大きな砂の島フレーザー島。そのフレーザー島に住む代表的な野生動物、ディンゴの歴史や基本生態を犬の生態と比較しながら学び、フレーザー島に生息するディンゴを州政府や動物保護団体がどのように保護、管理しているのかを学び、より良い共存の為に人が何をできるか考察する。

ユネスコ世界遺産認定~世界最古の熱帯雨林~

オーストラリアの世界遺産の一つ、クィーンズランド北部に広がる世界最古の熱帯雨林に生息する動植物の紹介。また、この森林の環境保全をしつつ、世界有数の観光地としての商業活動を継続していくためのオーストラリアでの取り組みや、地球の未来のために私たちが今やるべきことを考察する。

教育動画視聴

絶滅危機からコアラを救え(英語、日本字幕付き動画約60分)

オーストラリア現地のコアラ保護・救護活動のドキュメンタリー動画を視聴することによって、コアラの生存危機や環境破壊の実体をより深く理解する。

コアラケアラーの一日(AJWCEFオリジナル動画、約30分)

オーストラリア現地で実際に救護に携わるコアラケアラーに密着し、野生動物の救護活動とは何なのか、そしてケアラーとしての1日の活動内容を知る。また、ボランティアとして活動しているケアラーの姿から社会貢献として自分にも何が出来るかを小さなことから考える。

セミナー+動画視聴

海外のNPO活動について聞いてみよう! ~AJWCEF野生動物保護活動編~(コアラの危機  -2019/20年オーストラリア森林火災とその後約30分+セミナー)

NPO活動とは何なのか、海外を拠点にしている非営利団体AJWCEFの野生動物保護活動を例にとって学び、社会貢献として自分たちで身近に始められることを見つける。
また、2019/20年に起こった豪森林火災で被害を受けたコアラの実態、治療・リハビリを受けるコアラ達の様子、コアラを例に救護活動にはどのような人達が携わるのか等、NPO活動のひとつとして作成されたオリジナルチャリティ―動画を通して学ぶ。

海外のNPO活動について聞いてみよう! ~AJWCEF野生動物保護活動編~(オオコウモリの危機 -キーストン種-20分+オオコウモリ救護約15分+セミナー)

NPO活動とは何なのか、海外を拠点にしている非営利団体AJWCEFの野生動物保護活動を例にとって学び、社会貢献として自分たちで身近に始められることを見つける。
また、オーストラリアではユーカリの森を豊かにする野生動物として知られ、保護されているオオコウモリを例に豪森林火災の森林再生にどのように関係してくるのかを、NPO活動のひとつとして作成されたチャリティ―動画を通して学ぶ。
教育動画を通してユーカリの森の生態系の維持にオオコウモリがどのような影響を与えているかを学び、オオコウモリの救護、保護、リハビリの現状を理解する。

バーチャル野生動物探検

仰天!!野生動物がこんなに近くに住んでるの?~身近にいるオーストラリアの野生動物を観察しよう~

オーストラリアでは人間と野生動物達との間で、生活空間をどのように共有しているのか。日本の環境とは大きく異なり、こんなに身近に私達の生活空間に接して生息している野生動物達の様子をライブ中継で観察し、「人と野生動物の共存」についてアイデアを得ながら考える機会を持つ。また、オーストラリア動物の基本知識について学ぶ。

※ライブ中継に関しましては当日の天候や不測の事態によっては内容変更、もしくはお届けできない場合もございます。予めご了承ください。

オンライン交流会

オーストラリア現地生活について

現地オーストラリア在住者とのオンライン交流会を通じて、英会話に触れる機会を持つと同時に、現地の学生生活や留学事情について学び、意見交換を行う。

※ライブ中継に関しましては当日の天候や不測の事態によっては内容変更、もしくはお届けできない場合もございます。予めご了承ください。

 

  • 各講座の詳細及び料金につきましてはAJWCEF事務所(info@ajwcef.org) までお問合せください。
  • その他の分野・トピック、録画オンデマンド配信のご希望がございましたらお気軽にご相談ください。
  • ご提供する内容/レベルに関しましては、御校の方針また生徒様の学年に合わせて調整可能です。
  • 接続方法については弊財団ZOOMウェビナー機能をご利用いただける他、学校また企業で既に利用されているシステムがある場合はそちらをご利用頂く事も可能です。
  • 特別な事情により内容や演者が変更になる場合がありますので予めご了承ください。