応用トレーニングコース 詳細

応用・野生生物保護トレーニングコースでは2019年以前に行われていた初級トレーニングコース修了者、2020年以降に行われている基礎トレーニング修了者、またはそれと同等の知識のある方を対象に、また上級トレーニングコースの環境保護と海洋生物保護トレーニングコースの海洋環境保護の部分を合わせ、オーストラリアの野生動物を取り巻く海洋/陸上環境の二方面からアプローチし、幅広く実践的に知識や技術を習得して頂けるようになりました。
海洋については、オーストラリアで最も権威のある大学のひとつであるクイーンズランド大学の協力のもと、ブリスベン沖モートン湾に位置する世界最大級の砂の島・ノースストラッドブローク島にある大学施設、モートンベイ海洋研究センターを基点に海洋環境及び生物の保護について知識を深めます。陸上については、カランビン野生動物サンクチュアリにて、オーストラリア固有の野生動物たちの特性や保護の実態を学びます。カランビン川のカヤックによる野生動物調査では、自然環境における野生動物の生態観察を基に、都市に生息する野生動物と人との共存についても検討し、野生動物保護や救護における倫理並びに動物福祉などについても実例を通じて学びます。
(※2019年以前に行われていた海洋生物保護トレーニングコースはこちらのトレーニングコースに組み込まれました。)

主な実習及び見学施設

1. University of Queensland Moreton Bay Research Station
    クィーンズランド大学 モートンベイ海洋研究センター
2. University of Queensland St. Lucia campus クィーンズランド大学 セントルシアキャンパス
3. Royal Society for The Prevention of Cruelty to Animals (RSPCA)
    王立動物虐待防止協会
4. Currumbin Wildlife Sanctuary and Wildlife Hospital 
    カランビン野生動物保護区及び、野生動物専門病院
4. Currumbin Wildlife Sanctuary and Wildlife Hospital 
    カランビン野生動物保護区及び、野生動物専門病院
5. Kayaking at Currumbin River カランビン川でのカヤックによる自然環境調査

講義内容例
1. 海洋毒性生物
2. 気候変動による海洋生態系への影響
3. モートン湾におけるウミガメと海洋のごみ
4. イルカ、クジラ、ジュゴンの生物学
5. 動物福祉と虐待防止について
6. オオコウモリの保護と救護
7. オーストラリア野生動物(有袋類、単孔類)の比較解剖
8. 動物園動物の予防医学(寄生虫、ワクチンなど)
 9.  オーストラリアの重要な人獣共通感染症
※講義内容はやむを得ない事情により変更になることがあります。
※講義中は必要に応じ日本語に通訳いたします。

実習・視察
1. マングローブ調査
2. 地引網による海洋生物捕獲と魚の形態による同定
3. 海洋のごみの調査
4. 海洋生物調査(イルカ、クジラ、ウミガメ、エイなど)
5. 動物福祉と虐待防止
6. カヤックでのカランビン川流域の野生動物及び生態系視察
7. 動物園動物の問題行動学
8. 野生動物のリハビリ(油の付着した鳥の処置ー模擬実験)
9. 回復した野生動物の自然界へのリリースの準備
10. 野生動物の栄養学
11. 比較解剖(コアラなど)
12. 野生動物の捕獲法 (ブローガンなど)
13. 動物園動物の予防医学(寄生虫、ワクチンなど)
※実習内容はやむを得ない事情により変更になることがあります。
※実習中は必要に応じ日本語に通訳いたします。

次回コース開催期間
2023年8/9月

募集期間
2023年5月 

募集対象
AJWCEF基礎トレーニングコース修了者、又は野生動物にして基礎トレーニングコース修了者と同等もしくはそれ以上の知識を有し、より広く野生動物保護について学びたい方。