長引く乾燥により水を求めて穴を掘るカンガルー 2020/4/28

      2020/04/28

『Kangaroos digging for water as dry conditions continue』(英文PDF)

ABC Weather 2019年11月1日

担当者:H・M

≪要約≫
Kate Doyle 記

SouthAustralia州の内陸部では、長引く干ばつによってカンガルーが水を求めて穴を掘る現象が確認されている。

昨年9月の休暇中、Janice Osman IssepiさんはFlinders山間部にて見事なカンガルーの適応能力を目撃した。

「私たちはちょうど谷底の木を見に歩いていました。すると小さな穴が掘られていることに気が付き、そこには水があったのです。」と彼女は言った。

興味をそそられた彼女は彼女自身の「かなり良い」ズームレンズを取りに戻った。

「私は穴のすぐ後ろに座って、『さあ、もしこれが本当にカンガルーのやっていることであるならば彼らは戻って来るに違いない』と考えました。すると彼らは本当に戻ってきたのです。」とIssepiさんは言った。

彼女が静かに座っていると、10頭程のカンガルーが穴に水を飲みに来たので、彼女の辛抱は報われた。

「私は求めていた写真を撮るためにそこにおよそ1時間もの間座っていました。」とIssepiさんは言った。

「私は実際に彼らが穴を掘っているのを見たわけではありませんが、彼らが来る前に爪痕を確認することができました。」

カンガルーは水を求めて穴を掘る

カンガルーは乾燥時に水を求めて穴を掘ることが知られている。

Queenslad大学にて准教授を務めるAnne Goldizenさんは、カンガルーが水を求めて穴を掘る理由は彼らの行動圏の中に利用できる水源が他になかったからか、普段利用している水が泥にまみれたり他の動物の排泄物で汚かったからのどちらかによると推測している。

「常に水のたまっているような小さな水たまりの水しか利用できない際、これらの水たまりは他の動物の尿や糞によって濁ったりとても汚くなったりしやすい。」とGoldizen先生は言う。

「この事実はこのような水たまりで水を飲む動物は病原体に侵されやすいということを意味している。」

「もし彼らが水を求めて穴を掘るのであれば、その水ははるかに清潔である。」

彼女はゾウやイボイノシシ、ヒヒ、シマウマを含むアフリカの動物も水を求めて穴を掘っていることが報告されてきたと言う。

同じくQueenslnd大学にて准教授を務めるDiana Fisherさんは「カンガルーは確かに水を飲む必要があるがそれ程高頻度ではない」と言う。

「彼らは牛や羊、私たちよりも水を飲む量が少ない。2、3日に1回飲めば十分である。」とFisher先生は言う。

水を飲むために穴を掘るということはカンガルーが暑さや乾燥に適応するためのたった一つの方法ではない。

「カンガルーは前足を使って熱い砂を掘り起こして日陰にくびれた穴を作り、日中休む時により冷たい土の上に横たわる。」とFisher先生は言う。

長引く干ばつ

Flinders RangersではSouth Australia州北部やNew South Wales州、Western Australia州南西部や中央北部、Victoria州東部、Queensland州南東部の多くの地と同様に18か月間にも及んで降雨不足による厳しい干ばつに見舞われてきた。

例年に比べて厳しい乾燥は、オーストラリアの多くの地域で1月まで続くと予想されている。とはいえ今週末には南東部にてわずかながら雨が降るかもしれないと天気予報では予想されている。

<感想>
私はカンガルーが「穴を掘る」というイメージが今まであまり無かったので、今回この記事を読んで驚きました。カンガルーが穴を掘る行為を行うのは水が不足している時や水が汚い時であるということを知り、改めて動物にとっての水の大切さを実感しました。長期間にわたる干ばつはカンガルーだけでなく、他の多くの動物の生活に影響を及ぼすと思うので早くおさまってほしいと思います。

 - AJWCEFブログ